キチムに初めて行ったのは友部正人さんのライブのときでした。
未だにあの時の気持ちを引きずっています。
だから僕にとってキチムは憧れの場所。
今回はオムトン、DJ蟻という素敵なゲスト?メンバー?
といっしょに日曜日のようなやさしい土曜日をお届けできればいいな
と思っています。
tickles


昨年、江ノ島でのticklesとの夏の出会いは、忘れられません。
勝手に親近感が湧きました!

そして、吉祥寺。
オムトンをはじめた頃、井の頭公園で練習しました。
公園内の木にマリンバの音が響いて、とても楽しい練習でした。
春の終わりに、吉祥寺のキチムで、
今年も、ticklesと、ご一緒できるのが、とてもうれしいです。
omu-tone


ticklesの音楽と出会ったのは、5年程前のレコード屋の試聴機でした。
「Monochrome」という曲に完全にやられてしまい即レジへ向かったことを良く覚えています。
その後、アルバムは全てコンプリート。omu-toneとも全く同じ様な出会いでした。
時は流れ、そのticklesさんからのお声掛けで、この大好きな2アーティストと共にキチムに
立てることを光栄に思います。ステキな音に満たされんことを♪
DJ蟻


MOTION±企画「ティックルズのキチムでライブ 第1回“春の終わりに”編」

会場: キチム(吉祥寺)
日時: 2013年6月8日(土) 開場 18:00 / 開演 18:30
前売: 2,000円+1drink / 当日: 2,500円+1drink
ご予約はこちら >>

出演:
tickles, omu-tone
DJ: DJ蟻

お問い合わせ:motionpm@music-airport.com


長い間温めていたキチムでの企画が動き出します。ティックルズが年4回、それぞれの季節の終わりにゲストを迎えて気持ち良いライブ・イベントを開催。
初回のゲストは、昨年江の島OPPA-LAで行ったティックルズのリリース・パーティでご一緒したオムトンです!オムトンは、マリンバ、ジャンベ、ドラム、コンガ、ピアノなどの様々な楽器を使い、シンプルでミニマルながらも多幸感にあふれる楽曲を奏でる、女性3人による打楽器ユニット。優しさと柔らかさ、軽やかさがありつつも、思わず見惚れてしまう、ある種“カッコ良い”ライブを是非ご覧下さい。そしてDJとして、エレクトロニカを中心にジャンルに捉われずプレイする<moph records>のDJ蟻が心地良い音の空間を作り上げます。
夏、秋、そして冬の終わりにも、素敵なアーティストをお招きして開催する予定ですので、ご期待下さい!









blues on the hill by tickles

liar by tickles


tickles Album Information
「線路は続くよ どこまでも」 夢想家が奏でる、終わることのないミュージカル・ジャーニー。包み込むように優しく、鼓舞するように力強い。エレクトロニクスと生楽器を情感豊かに調和させた、あまりに温かい電子音楽。

ARTIST: tickles (ティックルズ)
TITLE: on an endless railway track(オン・アン・エンドレス・レイルウェイ・トラック)
RELEASE DATE: 2012.4.25
PRICE: ¥2,100 (税込)
LABEL: MOTION±
DISTRIBUTION: BRIDGE INC
FORMAT: CD / DIGITAL
CAT NO: MOT-004
初回特典: アートワーク・ポストカード

- TRACK LIST-
01. blues on the hill 02. no distance 03. ing 04. liar
05. smallking 06. slalom light 07. build 08. braintrain
09. pianoblack 10. septiembre 11. ratara (iTunes ボーナス・トラック)

on an endless railway track リリース・ページ
tickles アーティスト・ページ
Amazon
iTunes